カレッジ時代奴隷になったことと言えばバイト。ストリートの古本屋氏で働いていました。高校生時代からとことん通っていた要所、教え子になりバイトを生み出すところ運良く店先に求人のポスターが!アッという間に応募し無事に採用され世間事例刊行がスタートしました。学生時代とは違う色々な時世の者との付き合いが新鮮で、どんどんのめりこんでいきました。店舗にはおんなじカレッジの覇者がいたり、主人が出来たりといった人間関係の大半がバイトで出来上がったものでもありました。日雇い終わりにみんなでカラオケに行ったり、ゲームセンターで総合したり、花火フェスティバルやお花見…現下思うとまずまずリア充的生活でした(笑)当然プレイだけではなく、必須も一生懸命にやりました。応対は不愉快こともあるけれど、”者と接する必須は自分にあっている”そんなに思えました。バイトを卒業し社会人として勤める今でもそのアイデアは正しかったなと感じています。仮にこういうバイトを通じていなかったらいかなる生活を送っていたかな?と何となくおもうこともあります。そんなにバイトを通したアイデア、事例が大きいです。もやっていてよかった、それほど感じるほど奴隷になったバイト事例でした。http://www.upsidcltd.com/