学生時代に虜になった事は、ロマンスだ。

ずっと片思いばっかりだった私は、はじめて第三者を好きになり、両思いになった時は満悦でした。

恋愛と共に居られる、それだけでうれしくて毎日が夢の氏でした。

普段の通常が光り輝き、何気ない物事にもラッキーを窺える様になりました。

恋愛の為に、下手だった夕食も奥さんから一から教わり…お陰で処方を見て焼けるレベルまで上達する事が出来る様になりました。

恋愛に喜んで欲しくて、減量にも試し…節食ではリバウンドしてしまったので、運動を意識した性能、理想のウエイトになった時はありがたくてその場で小躍りしてしまいました。

恋愛とのようやくはどれも印象的で…初めてのキス、一つになれた物事、旅行…全てが愛情おしい土産だ。

いよいよだからこそ、躊躇う物事ばっかりでしたが、その度に優しさで包んでくれたので…安心して身を任じることが行なえ、結構幸運でした。

この人と共にいれれば他に何も取り除ける、それほど遅まきながら言えるほど、夢中になって居ました。http://tenjin-zenshindatsumou.hatenadiary.jp/