社会人になっておもうことは、社会人になってから目新しい周りって出来てないなぁということです。

学生時代はしょっちゅう移りに周りが居て、部活で汗を流した後にもっぱら遊びに行くのが普通のことでした。

周りを作ろうという思わなくても自然に出来てた理解があります。

社会人になると夢中になれるものがなくて、寧ろ専業で精一杯なので休暇もふと引きこもりがちになってしまいました。

それで学生時代、バドミントンで汗を流していた間が思い出深いなぁといった思わず思ったんです。

皆さんは学生時代何に集中だったでしょうか?

ボクはバドミントンモードでした。

夏は蒸し風呂ものの無風の体育館で羽を打つことも思い切りあり、バドミントンシューズからはおそろしい悪臭を放っていました(笑)

みんなのその悪臭が入り交じりあった絶妙な部室のかほりは今でも忘れられません(笑)

遊戯で良いところまで行った後はことごとく近所の焼き肉食べ放題で打ち上げでした。

そんな旨い肉社会人になってから食べた経験がありません。

まったく安っぽい焼き肉屋くんでしたが、同時に頑張った仲間って両人を労いながら取るあの焼き肉だったから旨かったんでしょうね。

思い出深いなぁという、メモリーにふけった手帳でした。おすすめはこちら!